CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
フォトグラファー岡本尚文
オフィシャルサイトはこちら
岡本尚文オフィシャルサイトはこちら

岡本尚文写真集『沖縄01外人住宅』は、下記店舗にて先行販売しております。

今日は浅川マキさんの命日。亡くなって10年。

今日は浅川マキさんの命日。


亡くなって10年。


年末になると池袋へライブを見に行っていた。


生きていたら77才か…。


77才のマキさんを見てみたかった。


「夕凪の時」

 

 

https://bit.ly/2FTcUvc

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 過去のチラシ | 08:46 | comments(0) | - |
本日(1月17日)発売の琉球新報にて『沖縄島建築』監修の普久原さんが取材されました。

本日(1月17日)発売の琉球新報にて『沖縄島建築』監修の普久原さんが取材されました。


ノンフィクションライターの藤井誠二さんによる連載「沖縄ひと物語」。


『沖縄島建築』についても多くを語っていますので、ぜひご覧になって下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 書籍 | 08:40 | comments(0) | - |
『沖縄島建築』。発売から1か月、ジュンク堂那覇店では先週と同じく4位。2月下旬にはトークイベントも。

増刷(重版出来)が決まった「沖縄島建築〜建物と暮らしの記録と記憶」。


発売から1か月。ジュンク堂那覇店では先週と同じく4位。


近々、『沖縄タイムス』に書評も掲載予定です。


2月下旬にはトークイベントも決まりました。


詳細は追ってお知らせいたします。

 

https://bookstorejunkudo.ti-da.net/c150702.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 書籍 | 10:17 | comments(0) | - |
『沖縄島建築』。建築監修を担当した普久原さんが fm那覇のインタビュープログラム「ヒトワク」に出演しました。

建築監修を担当した普久原さんが fm那覇のインタビュープログラム「ヒトワク」に出演し、『沖縄島建築』について話しました。


パーソナリティーの方がこの本を的確に把握されていたこともあり、とても話しが弾んでいます。


ポッドキャストにアップされていますので、ぜひお聞きになって下さい。

 

ポッドキャスト(インターネット上での音声データファイル公開)はこちらから(クリック後、すぐに放送が始まりますのでご注意下さい)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://bit.ly/30blsGQ

 

地域に貢献する人々をつなぐラジオ局 fm那覇のブログページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://uruma.ap.teacup.com/hitowaku/4110.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 書籍 | 08:15 | comments(0) | - |
『沖縄島建築』。発売から1ヶ月ですが増刷が決まりました。

『沖縄島建築 建物と暮らしの記録と記憶』。

 

評判も良く順調に販売を重ねています。

 

発売から1ヶ月ですが、増刷が決まりました。

 

2刷りの日付は琉球王朝建国記念日の2月1日とのことです。

 

買ってくれたみなさんのおかげです。

 

より多くの人に届くように引き続き販促がんばります!

 

 

 

 

 

 

 

 

| 書籍 | 18:52 | comments(0) | - |
『沖縄島建築』、読後感想のブログ紹介。

『沖縄島建築』、読後感想のブログを紹介します。

 

"きっとこの本を通じて、私を含めたくさんの人達が「沖縄建築」というキーワードを軸に沖縄の魅力を再認識して、文化的な視点を学べるいいきっかけにもなることは間違いないです。"

 

https://www.shiohirachihiro.com/entry/okinawa-shima-kenchiku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 書籍 | 09:05 | comments(0) | - |
『沖縄島建築 建物と暮らしの記録と記憶』について、年頭に。

 

『沖縄島建築』について年頭に。


この本で目指したものは、これまでに出版した2冊の写真集とは違うアプローチでしたが、伝えたいことは同じです。


沖縄の記録と記憶。


建築については普久原さんが考証を踏まえてしっかりと書いていただき、聞書きは黒川祐子さんと編集の小宮さんが少しのノスタルジーとともに人びとの暮らしを伝え、僕はその中間かな、記録と情緒を写したつもりです。


兎にも角にも、本が出来たことを素直を喜んでいます。


今年はこれをひとりでも多くの人のもとへ届けたい。


そのために少し時間がかかっても、直接間接的にお知らせをしていくつもりです。


小さなトークイベントなどもやって行きたいと思っています(お誘い大歓迎)。

 

今年はどんな年になるかな?


もちろん、いつもの通り出来ることを少しずつ、でも確かにやって行きたいと思います。


どうぞよろしくお願いします。

 

(束の間の晴れ間、顔を出した朝日とともに)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日々のこと | 11:34 | comments(0) | - |
『沖縄島建築』。沖縄県内他、各地主要販売店を掲載しました。

『沖縄島建築』、沖縄県内他、各地主要販売店を掲載しました。

 

直接手にとってご覧下さい。

 

念のため電話で在庫確認してからお出かけ下さい。

 

よろしくお願いします。

 

 

https://bit.ly/36doY5M

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 書籍 | 10:11 | comments(0) | - |
三宿にあったNOZYコーヒーのこと。

今年の残念なニュースのひとつ。

 

三宿にあったNOZYコーヒーが破産。

 

2010年、震災前に当時僕が住んでいた三宿に出来て、その味にはかなり衝撃を受けた。

 

それまでは、いわゆる深入りの苦いコーヒーが主流だったが、ここは酸味の強いシングルオリジンのコーヒーを前面に出した。

 

その後のコーヒーブームに火を付けた先駆的な店。

 

その後に出来たどの店よりも繊細な焙煎と感じていた店です。

 

店舗の設計も知り合いのパシフィックファニチャーサービスの施工。

 

手広くやろうとしたのと飽和状態のコーヒーブームが原因かな。

 

12月、もうすぐ閉店とは知らずにKENIYAの豆を買いに行ったのが最後。

良い店だった。

 

 

| - | 09:46 | comments(0) | - |
沖縄のセメント瓦を愛でる。『沖縄島建築』のひとこと。

沖縄。

 

屋我地のtutan(トゥータン)へ。

 

トタン屋根のtutanの隣はセメント瓦のお宿。


セメント瓦が新品みたいに綺麗だったので聞いてみると、古いセメント瓦を再生して組み合わせて使ったとのこと。


普段は屋根の上にあるのを見ることしかできないセメント瓦。

 

壁際に積み上げられた予備の瓦を愛おしそうに撫でていたのは僕です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日々のこと | 12:24 | comments(0) | - |
<< | 2/77PAGES | >>