CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
フォトグラファー岡本尚文
オフィシャルサイトはこちら
岡本尚文オフィシャルサイトはこちら

岡本尚文写真集『沖縄01外人住宅』は、下記店舗にて先行販売しております。

<< ジュンク堂那覇店での展示会場が、地下1階から1階入り口入って直ぐの壁面に移動しました。 | main | なぜ、悪意を持ったものが美しく見えたり、美しいものが悪意を孕んだりするのかについて、写真は考え続けます。 >>
「平敷兼七写真展 沖縄、愛しき人よ、時よ」を見に行く。

中野にある東京工芸大学写大ギャラリーへ「平敷兼七写真展 沖縄、愛しき人よ、時よ」を見に行く。


返還前後の闘争の時代にひたすら身近な生活をとり続けた平敷さん。


そのことが強調されることが多い。


闘争を撮ることも生活を撮ることも同位であって、写真を撮ることが、人を捉えて時代をも捉え、時が経っても持ちこたえることが出来る写真の力を持っていることに感動する。


『山羊の肺』の写真も、もちろん良いが、別枠で展示された「南灯寮」の写真がまた良かった。


僕が沖縄を知った頃のこと。嘉手苅林昌さんの唄、竹中労『琉球共和国』や『琉歌幻視行』などを思い出させてくれた。


写真はもちろん良いが、丁寧に額装された写真を見るのもまた気持ち良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.okamotonaobumi.com/trackback/1274183
トラックバック