CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
フォトグラファー岡本尚文
オフィシャルサイトはこちら
岡本尚文オフィシャルサイトはこちら

岡本尚文写真集『沖縄01外人住宅』は、下記店舗にて先行販売しております。

「沖縄男女参画センターてぃるる」上間陽子さんの講演会へ。

著書のカバー写真を撮影した上間陽子さんの講演を聞きに「沖縄男女参画センターてぃるる」へ。


当日券1500円という、それなりに高い金額でしたが、沢山の人が集まっていました。


『裸足で逃げる』が投げかけた、貧困、DV、援助交際、暴力という問題をもう一度沖縄というところから考え直す講演会になったと思います。


最後の質疑応答も小学校や高校の教員、カウンセリングに関わる方、また自分もこの本に出て来るような体験をしてきたと打ち明ける人など、研究というよりも、少しでも手助けが欲しい現場の声が響いていました。


まずは道徳的な観念や先入観を持たずに聞くことに徹すること。そうすることでやっとお互いの関係が始まるのだということを確認した講演でした。

 

クリックで大きな画像表示します。

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
ここには米軍基地はない。

もう終わった沖縄映画祭のポスター、湯村輝彦=テリー・ジョンソン作。


ここには米軍基地はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄。今日(2月18日)はPM2.5多い予報。

沖縄。


今日(2月18日)はPM2.5多い予報。


確かに霞んでますね。

 

明日から東京。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄。「レネミア」へ日野明子さんの県立芸大集中講義の一環のトークイベントを聞きに行く。

昨日は沖縄を中心とした工芸やアート、食品、暮らしにまつわるセレクトショップ「レネミア」へ日野明子さんの県立芸大集中講義の一環のトークイベントを聞きに行く。


日野明子/真喜志奈美/桶田千夏子/MIREI/金城博之。


沖縄を丁寧に伝える作業。


「カワイイ」を越えて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日の沖縄。

久しぶりにすっきり晴れた沖縄。


予報でも20℃まで行くようだ。


やっぱり晴れの沖縄は良い。

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
那覇のセレクトショップ、レミネアに納品したオリジナルプリントを見に行く。

那覇

 

沖縄を中心とした工芸やアート、食品、暮らしにまつわるセレクトショップ、レミネアへ。


東京の写真展開催時に買っていただいた写真を見に行く。

 

レミネア

http://www.renemia.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
「着水」、「不時着」、「墜落」。

この写真は夜間の浦添市街地上空を普天間基地へと帰還するオスプレイの航跡。


僕の写真集『沖縄02 アメリカの夜』の中の1カット。


一度シンプルに考えてみる。


市街地であろうと、村落であろうと、そこには人びとの生活がある。


それが、不時着であろうが、墜落であろうが、今回のような事態になった場合にどうなるのか?


沖縄にアメリカがある。という現実を考えること。


その想像力に力を与えて欲しいと思う。


http://okamotonaobumi.com/book01.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄県立美術館。真喜志勉展“アンビバレント”オープニングセレモニー

沖縄県立美術館で真喜志勉展“アンビバレント”オープニングセレモニー。

 

素晴らしかったです。

 

沖縄とアメリカと日本。

 

そして、沖縄における表現とはなにかについて深く考えさせられました。

 

作品NO,23「OKINAWA MUSEUM OF CONTENPORARY ART AS TOM'S DREAM」。

作品の完成度という意味では、他の作品の方が明らかに高いですが、沖縄における美術表現、それとの孤高の闘いをしてきたTOM MAXを表現するものとしてこの作品を大きく評価したいと思います。

 

いずれにしても、その空間構成含め、非常に完成度の高い展示だったと思います。

 

個別の作品の評価、解説などについては今後のしっかりとした研究を待っています

 

ミュージアムショップでは真喜志奈美さんのディレクションによる図録『TOM MAX 1941-2015』が販売されています。


こちらは2013年にMAX PLANで行われた個展から始まり、残された作品の複写、過去の新聞記事、私的写真、アトリエや車など大半の撮影とレタッチを担当しました。


とても良い仕上がりになっていますので、ぜひ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
慌ただしかった10月も今日で終り、沖縄県立美術館で真喜志勉展が始まる。

慌ただしかった10月も今日で終わる。


写真展も終え、毎年恒例のカタログ撮影も終え、昨日友人の納骨を終えた。

 

今日から沖縄。


今回のメインは県立美術館と県立芸大の真喜志勉展。


初日はオープニングセレモニーと山下洋輔のソロコンサート。記録できるものは記録して、自分も楽しむ。


県立美術館の会場構成はご家族の真喜志奈美さんが担当。奈美さんは初日から販売される私家版図録のディレクションも担当している。


僕もTOM MAX本人と作品の複写、アトリエや愛車の撮影などを担当させていただいた。


なかなかの力作になるはず。

 

http://www.museums.pref.okinawa.jp/art/topics/detail.jsp?id=1623

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄とアメリカと日本について、力強く、楽しみながら、表現し批評した、真喜志勉(TOM MAX)の回顧展に向けて

沖縄の美術家・真喜志勉=TOM MAX作品集用の現像228点終了(少し寝かせてもう一回調整)。


これ、凄いのが出来るよ。


作品が残ってないのはサービス版の写真を複写したり、昔の写真なども複写。


新たにガレージ内のクルマや壁面は撮影しました。


複写と現像で作品が生き返ったと思う。


秋に県立美術館と県立芸大で展覧会があります。


僕も楽しみにしてる。


沖縄とアメリカと日本について、力強く、楽しみながら、表現し批評した希有な作家。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/19PAGES | >>