CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
フォトグラファー岡本尚文
オフィシャルサイトはこちら
岡本尚文オフィシャルサイトはこちら

岡本尚文写真集『沖縄01外人住宅』は、下記店舗にて先行販売しております。

コザの夜を照らし続け、『裸足で逃げる』の表紙(岡本撮影)にもなった「明光メガネ」も閉店

コザの夜を照らし続け、『裸足で逃げる』の表紙(岡本撮影)にもなった「明光メガネ」も閉店。

 

戦後のアメリカ世を見てきた店がまたなくなっていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 09:41 | comments(0) | - |
『沖縄島建築 建物と暮らしの記録と記憶』刊行記念トークイベントのお知らせです。

『沖縄島建築 建物と暮らしの記録と記憶』刊行記念トークイベントのお知らせです。


本を作ったメンバーが集まって『沖縄島建築』についてお話しします。


当日はこのほかにも飛び入りゲストが登壇する予定あり(交渉中)。


トーク内容など、詳細が決まりましたらまたお知らせいたします。

どうぞよろしくお願いします。

 

★日時:2020年2月23日(日)15時〜 


★参加費無料

 

★会場:ジュンク堂書店那覇店B1Fイベント会場 

 

出演:普久原朝充(『沖縄島建築』監修)

 

岡本尚文(『沖縄島建築』ディレクション・写真)

 

司会:小宮萌(トゥーヴァージンズ)

 

 

| 沖縄 | 12:35 | comments(0) | - |
ひと月ぶりの沖縄。

ひと月ぶりの沖縄。


風が気持ち良い。


これから年始まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄。これが真っ赤なドラゴンフルーツになる。

沖縄。

 

夜咲くサボテンの花。


これが真っ赤なドラゴンフルーツになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄の夏

 

沖縄。


浦添市。


風も無くスッキリと抜けた青い空。


沖縄の夏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄。やがて、失われてゆくもの。

沖縄。


那覇市。


今日は一日撮影。


目的のある撮影とその合間の散歩写真。


やがて、失われてゆくもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
カタブイ(天気雨)。

沖縄、浦添。


カタブイ(天気雨)。
 

亜熱帯の湿度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄シリーズ。 那覇市松尾を散歩する。

沖縄シリーズ。

 

那覇市松尾を散歩。


自動販売機と鉢植え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄に基地があることを容認しているのは誰か

先日も宜野湾の保育園に米軍ヘリの部品が落ちたばかり。


校舎の真上を米軍の戦闘機や偵察機が轟音を立てて飛んでいく。


学校に落ちたから問題なのではない。どこに落ちようとこんなことはあってはならないこと。


先日の落下物も、米軍はヘリの部品ということは認めても、それが実際に飛行中のヘリから落ちたことすら認めなかったりと、不誠実な態度をとり続ける。


そして政府はといえば、飛行の「自粛」を求めるのみ。


あまり、はっきりと物事を言うことが少ない沖縄県民が、それでも基地はいらないという民意を突きつけている現実に対して、僕ら内地の人間はどう向き合うのか?


結果的に、沖縄に基地があることを容認しているのは僕らではないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
「沖縄男女参画センターてぃるる」上間陽子さんの講演会へ。

著書のカバー写真を撮影した上間陽子さんの講演を聞きに「沖縄男女参画センターてぃるる」へ。


当日券1500円という、それなりに高い金額でしたが、沢山の人が集まっていました。


『裸足で逃げる』が投げかけた、貧困、DV、援助交際、暴力という問題をもう一度沖縄というところから考え直す講演会になったと思います。


最後の質疑応答も小学校や高校の教員、カウンセリングに関わる方、また自分もこの本に出て来るような体験をしてきたと打ち明ける人など、研究というよりも、少しでも手助けが欲しい現場の声が響いていました。


まずは道徳的な観念や先入観を持たずに聞くことに徹すること。そうすることでやっとお互いの関係が始まるのだということを確認した講演でした。

 

クリックで大きな画像表示します。

 

 

 

 

 

 

| 沖縄 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/19PAGES | >>