CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
フォトグラファー岡本尚文
オフィシャルサイトはこちら
岡本尚文オフィシャルサイトはこちら

岡本尚文写真集『沖縄01外人住宅』は、下記店舗にて先行販売しております。

道路脇のサボテン

昨晩は肌寒かった東京。


道路脇のサボテンが月に向かって咲いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日々のこと | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
岸政彦さんの新刊、『はじめての沖縄』。

岸政彦さんの『はじめての沖縄』を献本していただいた。

内地の人間としての岸さんが、真っ直ぐに沖縄と向かい合った本だ。

 

僕は1979年に初めて沖縄を訪ねて以来、自分勝手な「沖縄病」に罹り、沖縄行きを繰り返すなかで、沖縄について考え続けてきた。

そうした中でたどり着いたのは、どこまで行っても、自分は外部(ナイチャー)としてあるということ。そして、そのことに自覚的であることを忘れてはいけないということだった。

 

写真家としては、その外部の者にしか見えないものを見、写真に撮ること。

 

この本の中には、僕の写真集『沖縄02 アメリカの夜』にテキストとして寄稿していただいた「彼方と過去」も再掲されている。

岸さんにテキストをお願いしたのは、やはり外部の人間として自覚的であることだった。

そして、沖縄に対する愛が尋常でないこと。

 

沖縄の複雑さとは何かを、沖縄の人の話しにじっと耳を傾けることによって、より一層その複雑さにはまり込むという困難を経て私たちに分かりやすく伝えようとするが(それは岸さん自身のためでもあるだろう)、その答えはふっと立ち現れては消えていくというのが、『はじめての沖縄』だ。

 

沖縄は拒絶もしないが、受け入れもしない。

沖縄と日本(そしてアメリカも)。

その「と」という境界について、『はじめての沖縄』が問い続けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 書籍 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スタジオの薔薇は満開。

東京は雨。


肌寒い。


そして、スタジオの薔薇は満開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日々のこと | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
多摩川の土手、早咲きの桜は満開。

多摩川の土手、早咲きの桜は満開。


週末の暖かさでソメイヨシノも一気に咲くかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日々のこと | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
2011年3月11日から7年。

2011年3月11日から7年。


二、三日して福島の原発の情報が入って来て、浄水にも備長炭入れたり、窓は締め切ったままにして、外出する時もマスクして。


今はそんなことはけれど、あの時の気持ちは忘れられない。


そして、それから社会は良い方に向かって行ったのか?


それとも逆へ?


そんな7年目の日に沖縄入りしました。

 

https://www.instagram.com/p/BgM-mb-FcsF/?hl=ja&taken-by=lifegoesontokyo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| instagram | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
横浜美術館へ『石内都 肌理と写真』を見に行く

今週は横浜美術館へ『石内都 肌理と写真』を見に行った。


素晴らしかった。


僕には1970年代末の作品「Apartment」と「絶唱、横須賀ストーリー」、ふたつあるだけで充分。


年表に多摩美、多摩芸とのバリケード封鎖のなかで過ごしたことがしっかりと記されていた。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 写真展 | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
浅川マキのオリジナルアルバムで唯一持っていない『ONE』を友人から借りる。

浅川マキのオリジナルアルバムで唯一持っていない『ONE』を友人から借りる。


ジャケットも良いねぇ。


A面は山下洋輔のピアノと川端民生のベースに近藤等則のトランペット。


B面はベーシスト山内テツのギターと近藤等則のフリーセッション。


みんなが自由に鳴らす音のなかをマキさんが真っ直ぐに歌う。


素晴らしい。

 

30年以上前の記憶の中にあった音が、いま鳴っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| レコード | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄シリーズ。 浦添市城間にあった時のピザハウス。

沖縄シリーズ。

 

浦添市城間にあった時のピザハウス。

 

https://www.instagram.com/p/BeuaMVpgEoH/?hl=ja&taken-by=lifegoesontokyo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| instagram | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハドソンリバーをスーツで泳ぐ内田裕也 『NO MORE COMICS』1985年発売

 

昨日は実家で母の遺品の整理や役所関係の手続き。


ついでに実家に置いてあるレコードを20枚ほど持って帰る。


内田裕也『NO MORE COMICS』1985年発売、ベスト版。


ハドソンリバーをスーツで泳ぐ内田裕也。


加納典明が撮影したPARCOの広告用写真がジャケット


この頃の内田裕也は凄く良いです。


この前に出したチャンドラーの世界を歌った『さらば愛しき人よ』は彼のベストじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| レコード | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハイ・ファイ・セットのレコードをヤフオクで落札。

ハイ・ファイ・セットのレコードをヤフオクで落札。


7枚セットで1000円。送料が710円。


1枚目はギターが伊藤銀次と大村憲司に変わったティン・パン・アレーの演奏。


相変わらず素晴らしい細野さんのベース。


このベースだと歌い手はホントに気持ち良く歌えるだろう。


ユーミンやブレッドバターはかなり聞き込んだけど、ハイ・ファイ・セットは3枚目とベスト盤くらいだったので、これからが楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| レコード | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/73PAGES | >>